ダニについて ダニ退治・駆除方法

チリダニの駆除方法!刺された時の対策はこれで決まり

チリダニの駆除方法!刺された時の対策はこれで決まり

家の中にほぼ確実に生息しているチリダニ(ヒョウヒダニ)。気がついたら太ももやお腹部分に刺された跡が!ダニにやられた!・・・と思われると事もあると思いますが、実はチリダニ(ヒョウヒダニ)は人を刺しません。人家で人を刺すダニはツメダニです。チリダニ(ヒョウヒダニ)は主にアレルギーによる鼻炎や気管支炎、喘息の原因になる害虫です。

※ツメダニの退治・駆除方法については下記記事も参考にしてください。

ツメダニの駆除・対策をするには!猫やうさぎなど、ペットも守ろう

寝てたらいつの間にか太もものあたりなどが腫れてる・・・これはダニに刺された!?と思う時もありますよね。家の中で人を刺すダニと言えば、ツメダニです。ツメダニに刺されると、腫れは二週間程度残り、長いと一ヵ ...

続きを見る

だからと言って、今回ご紹介するチリダニ(ヒョウヒダニ)の退治・駆除方法はツメダニには効果がないわけではありません。ツメダニにも効果がある退治・駆除方法なので、是非参考にしていただけたらと思います。

チリダニはアレルギーを引き起こさせるし、ツメダニは直接刺してくるので本当に厄介
ダニ退治X
どうもダニです
ダニは永久に不滅です!
チリダニもツメダニもしぶといダニですが、被害を無くすために徹底的に退治していきましょう!
ダニ退治X

人家に生息するダニリスト

  • チリダニ
  • ツメダニ
  • イエダニ

これらのダニはハウスダニストアレルギーの原因や、人を刺してくるダニなので、対策はしっかり行いましょう。

チリダニ(ヒョウヒダニ)は家中何処にでもにいる?

ダニと聞くと寝室やリビングを想像すると思いますが、ダニは寝室やリビングだけに生息しているわけではありません。今着ている洋服にもダニは生息していますし、バスタオルやハンドタオルにもダニは生息しています。

他にも靴箱車の中など、チリダニ(ヒョウヒダニ)は何処にでも生息しているので、しっかりとした対策が必要です。この対策を怠ると、アレルギー性鼻炎や、ダニ刺され(ツメダニ)のもとになってしまいます!

そもそも何故ダニが発生するのか

発生したダニを退治するのはもちろんなのですが、そもそも何故ダニは家の中に大量発生してしまうのでしょうか。ダニは自分が生きていくうえで、生活しやすい場所に集まる傾向があります。

そのために餌となる埃や人間のフケなどが多い場所に現れます。またダニは湿度が高い場所が好きなので、寝汗をかく布団など寝室はダニにとって絶好の快適ポイントなのです。

布団やシーツなどはなかなか洗わないですよね。更にリビングのソファやカーペット、寝室のマットレスなんて尚更です。毎日毎日清潔を保つなんて本当に面倒ですし難しい事なので、どうしてもダニは発生してしまいますし、発生するだけでなく、凄いスピードで繁殖していきます。

チリダニ(ヒョウヒダニ)退治は換気や掃除機じゃダメ?

先ずチリダニ(ヒョウヒダニ)を何とかしようとすると、簡単に思い浮かぶのが換気や、吸引の強い掃除機によるチリダニ(ヒョウヒダニ)対策です。

これらの行為も意味がないとまでは言いませんが、チリダニ(ヒョウヒダニ)を退治・駆除しようと考えると、これだけでは到底足りません。

・換気
空気を入れ替えるだけだと、部屋の湿度はコントロール出来ますが、既に発生しているチリダニ(ヒョウヒダニ)に対しては無意味です。

・吸引の強い掃除機
掃除機でいくら吸っても、毛布の繊維に潜り込み、爪を使ってしがみ付いているチリダニ(ヒョウヒダニ)を全て吸い込む事は出来ません。先に充電が切れてしまいます。

天日干しや洗濯は?

・毛布の天日干し
毛布をいくは干してもチリダニ(ヒョウヒダニ)は影の部分に逃げ込むので、全てのチリダニ(ヒョウヒダニ)を退治・駆除するのは不可能です。
※布団叩きで叩いても、死ぬチリダニ(ヒョウヒダニ)もいますが、人間のアレルギーの原因になる死骸は残るので、苦労した割にダニ対策としては弱いです。

・洗濯
毛布の洗濯は有効ですが、数十万匹と生息している毛布の中のチリダニ(ヒョウヒダニ)は洗濯だけでは退治・駆除しきる事はできず、乾燥機にかけても死骸が残るので、洗濯→乾燥→洗濯→乾燥・・・と何回か繰り返す必要があります。
手間はかかりますが、何回か繰り返せば、他の方法よりも遥かに有効です。
※但し、洗濯機や乾燥機にダニが残ってしまう可能性もあります。

これらのチリダニ(ヒョウヒダニ)対策でも無意味ではないですが、労力の割に成果が低いので、チリダニ(ヒョウヒダニ)対策には本当に悩まれている方が多いです。

そこで今、労力をかけずに簡単にチリダニ(ヒョウヒダニ)を退治・駆除する事ができるとして人気なのが、ダニ捕りシート(マット)です。

ダニ捕りシート(マット)とは

今ダニを退治・駆除する方法として人気を集めているダニ捕りシート(マット)とは、専用のシートの中にダニを誘引し、そこから逃がさずに死滅させるものや、シートの中に留めて、そのままゴミ箱に捨てるタイプなどがあります。

シートの中の粘着でダニを逃がさないものや、シートの中で餌を食べさせているうちに、ダニを乾燥させて死滅させるタイプがあります。※ダニは身体の80%が水分で出来ているため、乾燥させられることに弱く、死滅してしまうのです。だからこそ、ダニは湿気が多い場所を好みます。

ダニ捕りシート(マット)の詳細
使用目的 ダニを捕まえる
ダニ捕獲方法 誘引剤を使用
ダニ捕獲後 ・乾燥タイプ
・閉じ込めタイプ
・粘着タイプなど
有効場所 屋内
捕獲可能なダニ ・チリダニ
・ツメダニ
・イエダニなど屋内のダニ
注意点 マダニなど屋外のダニは使用不可

ダニ捕りシート(マット)でダニを退治・駆除するメリットとデメリット

チリダニ(ヒョウヒダニ)の駆除方法!犬や猫などペットがいても可能な退治方法を紹介

ダニ捕りシート(マット)でダニを退治・駆除するメリット

1.安全性が高い:ダニ捕りシート(マット)には、化学物質を使用せず、粘着剤のみでダニを捕らえるものがあります。 そのため、人やペットへの影響が少なく、安全性が高いとされています。

2.使い方が簡単:ダニ捕りシート(マット)は、設置するだけで簡単に使用できます。また、移動させることもできるため、ダニが発生している場所に合わせて自由に設置できます。

3.ダニの観察にも役立つ:ダニ捕りシート(マット)には、捕獲されたダニの種類や数を確認することができます。 そのため、ダニの発生状況や種類を把握することができ、適切な対策を立てることができます。

ダニ捕りシート(マット)でダニを退治・駆除するデメリット

1.効果が限定的:ダニ捕りシート(マット)は、粘着剤でダニを捕獲するため、ダニが発生している場所に限定されます。また、成虫のダニしか捕獲できないため、卵や幼虫などのダニには効果がありません。

2.交換の頻度が必要:ダニ捕りシート(マット)は、一度使用すると、その粘着力が低下するため、定期的に交換する必要があります。 そのため、長期的に使用する場合、コストがかかる可能性があります。

3.設置場所に制限がある:ダニ捕りシート(マット)は、設置する場所に制限があります。例えば、風通しの良い場所や、直射日光の当たる場所では、接着力が低下するため、効果が遅くなる場合があります。

ダニ捕りシート(マット)を使ったダニ退治・駆除方法は結局どうなの?

上記でお伝えしたダニ捕りシート(マット)は粘着タイプのものなのですが、実はダニ捕りシート(マット)には他にも種類があります。

ダニ捕りシート(マット)の中でおすすめしたいのが、ダニを誘引し、シート(マット)の中で乾燥させて退治・駆除するタイプのダニ捕りシート(マット)です。

ダニを誘引し、乾燥させて退治・駆除するダニ捕りシート(マット)とは

ダニを退治・駆除する方法というのはいくつかありますが、ここ数年で一気に流行ってきているダニの退治・駆除方法が、ダニを誘引し、乾燥させて退治・駆除するダニ捕りシート(マット)の「ダニコロリ」です。

チリダニの駆除方法!刺された時の対策はこれで決まり

くらしラボのスマイルストアにて販売されているダニ捕りマット(シート)の「ダニコロリ」は、ゴキブリホイホイのように、ダニにとって魅力的な香りなどでダニを誘い込み、ダニコロリの中で餌を食べながら乾燥剤の効果でダニ自身を乾燥させていきます。

ダニコロリ基本情報
ダニ捕りシート 乾燥タイプ
ダニ誘引剤 豆粕、小麦加工物
ダニ乾燥剤 植物繊維乾燥剤
香料 緑豆
サイズ (長さx幅x高さ) 20 x 15 x 5 cm
有効範囲 1枚で5〜8畳
捕獲可能なダニ ・チリダニ
・ツメダニ
・イエダニなど屋内のダニ
枚数 3枚同梱
使用上の注意 ・水に濡れないようにしてください
・ご使用中にお身体に異常が見られた場合はすぐに使用を中止してください
・お子様の手には届かないところに保管してください
・保管する場合は、高温多湿の場所を避けて保管してください
・1ヶ月経過したら家庭用のゴミとして処理してください(各自治体の指定に従ってください)
販売会社 株式会社くらしラボ(Kurashi-Labo inc.)
ストア名 スマイルストア
住所 東京都江東区門前仲町1-6-4
電話番号 0120-044-904
公式ページ https://kurashi-labo.co.jp/

ダニの身体は8割が水分で出来ている

何故ダニ自身を乾燥させる事が有効的なのかというと、それはダニの身体の8割が水分で出来ているからなのです。

だからこそダニは湿気を好む傾向にあります。

つまり、ダニを乾燥させればダニは物理的に弱り、力尽きていく・・・というものです。

これがダニを退治・駆除していくダニコロリの効果です。

ダニコロリについては、下記記事で詳しく紹介しているので、こちらも参考にしてください。
ダニ退治X
口コミは嘘?ダニコロリの効果を1ヵ月検証した結論と効果を高める2つの方法

ダニコロリ基本情報 ダニ捕りシート 乾燥タイプ ダニ誘引剤 豆粕、小麦加工物 ダニ乾燥剤 植物繊維乾燥剤 香料 緑豆 サイズ (長さx幅x高さ) 20 x 15 x 5 cm 有効範囲 1枚で5〜8畳 ...

続きを見る

ダニコロリ公式ページはコチラ
 

効率的なダニ退治・駆除の方法は?

1.換気をしっかり行う:ダニは湿気を好むため、換気をしっかりと行い、部屋の湿気を下げることが大切です。

2.掃除をこまめに行う:ダニはホコリに付着していることが多いため、こまめに掃除を行うことが大切です。

3.エッセンシャルオイルを使う:エッセンシャルオイルにはダニを退治する効果があります。例えば、ティーツリーやユーカリなどのオイルを加湿器に入れて使用することで、ダニの発生を抑えることができます。

4.ハーブを使用する:ダニには、ニームやクローブなどのハーブが効果的です。

5.ダニ捕りシート(マット)を使用する:ダニ捕りシート(マット)は、化学物質を使用せず、安全にダニを捕獲することができます。定期的に交換することで、環境に優しいダニ退治を行うことができます。

これらの方法を組み合わせることで、効率的なダニ退治・駆除を行うことができます。

ただし、一度行うだけでは効果が薄いため、全て定期的に行うことが大切です。
この5つの項目を全て定期的に行うのはかなりの労力が必要だったりするので、効率的にダニ捕りシート(マット)を活用することをおすすめします。

そのために、ダニを乾燥させて退治・駆除するダニコロリがおすすめです。

ダニコロリは環境にも優しいですし、一つに3シート入っているので、一回の注文でしっかりつ伝えるのも魅力の一つです。
ダニ退治X
口コミは嘘?ダニコロリの効果を1ヵ月検証した結論と効果を高める2つの方法

ダニコロリ基本情報 ダニ捕りシート 乾燥タイプ ダニ誘引剤 豆粕、小麦加工物 ダニ乾燥剤 植物繊維乾燥剤 香料 緑豆 サイズ (長さx幅x高さ) 20 x 15 x 5 cm 有効範囲 1枚で5〜8畳 ...

続きを見る

ダニコロリ公式ページはコチラ
 

チリダニ(ヒョウヒダニ)を退治・駆除するためにチリダニ(ヒョウヒダニ)について知っておこう

「チリダニ(ヒョウヒダニ)」は、節足動物門クモ形綱ダニ目チリダニ科の1属である、チリダニとも呼ばれています。

体長0.3〜0.4mm。ほぼ年間を通して見られます。人などの表皮を好むことからこの名がつけられました。動物の巣内や人家などに普通に生息しています。特に人家では、カーペット、ベッド、枕、布団、ソファーなどから多く見つかります。ヒョウヒダニ属のうち、室内塵生息性のダニ類では特に主要なコナヒョウヒダニ(D. farinae)とヤケヒョウヒダニ(D. pteronyssinus)の2種は特に人との関係が深く、人家に極めて普通に生息します。ただし、ツメダニなどのように人を刺したりすることはありません。温度20~30℃、湿度60~80%程度を好みます。ヒョウヒダニの体や死骸、糞などは、それらに由来するタンパク質等が気管支喘息や鼻炎といったアレルギー性疾患の原因(アレルゲン)となり、ハウスダストの原因の一つとしても知られています。ヒョウヒダニの餌は、ほこりやヒトのフケ・アカ、食品のクズ、昆虫の死骸など。フケ・アカ・汗などにおいて、1gあたりおよそ300匹生息しているといわれています。ヒョウヒダニの駆除・予防方法としては、発生源が絨毯や毛布などであることから、日頃の掃除機掛けなどが挙げられます。しかし、日頃のこまめな掃除などではなかなか全てを退治・駆除できないので、ダニ捕りシート(マット)の使用を推奨します。

口コミは嘘?ダニコロリの効果を1ヵ月検証した結論と効果を高める2つの方法

ダニコロリ基本情報 ダニ捕りシート 乾燥タイプ ダニ誘引剤 豆粕、小麦加工物 ダニ乾燥剤 植物繊維乾燥剤 香料 緑豆 サイズ (長さx幅x高さ) 20 x 15 x 5 cm 有効範囲 1枚で5〜8畳 ...

続きを見る

ダニコロリ公式ページはコチラ
 

チリダニを放置するとハウスダストアレルギーに!

「ハウスダスト」は、室内塵のことで、アレルギーを引き起こすいくつかのアレルゲンが混合したものです。

ハウスダストは室内の埃で、大まかにはヒトの皮屑(フケ)、花粉、土、スス、灰、繊維、植物片などの混合物です。室内環境でのハウスダストの摂取量等の影響を調査する場合には、比較的大きい、毛髪、小石、木片、紙くずなどの夾雑物を除いたものをハウスダストといいます。

ハウスダストは粒子状物質と繊維状物質に分けられますが、粒径ごとの濃度分布は生活習慣や住環境の違い(土足かどうかや家屋の気密性など)にもよるといわれています。

ハウスダストとしてのダニ
チリダニの仲間は140種類におよぶと言われています。アレルゲンとして重要なのはコナヒョウヒダニとヤケヒョウヒダニ、シワダニなどで、特に前2者が多いです。これらのダニは宿主に寄生せず、動物のフケや花粉、カビなどの胞子・菌糸、細菌、植物の繊維などを栄養源としています。世界中に広く分布しており、まずダニのいない家はないといっても過言ではありません。

大きさは0.1~0.2ミリで、糞の粒は10~40マイクロメートルしかなく、かなり小さいです。これらおよびその破片などが空中に飛散し、吸入されるなどしてアレルギー症状の原因となります。

メスは毎日数個の卵を産み、卵から成虫になるまで3週間かかります。寿命はおよそ100日程度。温度25~28度、60~70%前後の高湿度の条件でよく繁殖します。温度20度以下、湿度50%以下では著しく発育が制限されることもあります。季節変化としては寒冷期には少なく、温度と湿度の高い季節に増加します。たとえば東京においては4月から増加しはじめ、7~9月にピークを示すという調査結果があります。

アレルギー患者宅における調査では、居間よりは寝室に多く、敷布団より毛布に多い傾向がありました。しかし、布団よりもソファーやじゅうたんに多いという調査もあり、これらは各家庭での条件が異なるためと考えられています。

これらに対処するためには、粉塵を巻き上げないような方法での掃除が推奨されます。根本的には、じゅうたんなどの奥深くに潜むダニを掃除機をゆっくりかけて吸い出し、かつダニの食物となるものを減らし、温度と湿度に気をつけることが必要です。一般的な方法での布団の天日干しなどは、その温度上昇によってもダニを殺すことはほとんどできませんが、乾燥は発育などを阻害する効果があります。

ハウスダストの影響
ハウスダストはアレルギー性疾患の他に、電気製品の故障、電気プラグ接続部からの火災(トラッキング火災)などの原因となると考えられます。

ハウスダストアレルギー
ハウスダストはアレルギー性疾患を引き起こす抗原(アレルゲン)として知られており、その多くは動物性の物質(ダニなど)ですが、植物性の物質(花粉症の原因となる花粉など)やプラスチック製品から削り取られた微量な物質(またそれらに付着した化学物質)もアレルギー性疾患の原因になっているとされています。

通年性のアレルギー性鼻炎、気管支喘息、アトピー性皮膚炎などのアレルゲンとして主なものとなっています。

ハウスダストのアレルギー検査
上記のようにハウスダストは複数のアレルゲンが混合したものです。そのため、その検査に陽性だった場合、さらにいくつかのアレルゲンによる検査をし、ハウスダストのうちの何にアレルギー反応を起こすのかを特定し、セルフケアとしてその抗原に対処することが望ましいです。

しかし、実際のアレルギー検査の際には複数のアレルゲンを同時に検査することが多いため、その際にハウスダストとダニの項目が同時に陽性になっていれば、それはほぼダニに対するアレルギーがあると考えて矛盾はありません。ハウスダストに反応するのにダニには反応しない場合、さらに詳細なアレルゲン検索が行われることがあります。

なお、アレルギー検査の項目として示されるものに、ハウスダスト1とハウスダスト2などのように数字がふられている場合があります。これはアレルゲン抽出物の製造元の違いによるもので、含まれるアレルゲンの種類と量がやや異なります。

ハウスダストによるアレルギーを考えた時に、ダニは切っても切り離せない存在です。ダニ対策は早め早めに行うことが推奨されます。

口コミは嘘?ダニコロリの効果を1ヵ月検証した結論と効果を高める2つの方法

ダニコロリ基本情報 ダニ捕りシート 乾燥タイプ ダニ誘引剤 豆粕、小麦加工物 ダニ乾燥剤 植物繊維乾燥剤 香料 緑豆 サイズ (長さx幅x高さ) 20 x 15 x 5 cm 有効範囲 1枚で5〜8畳 ...

続きを見る

 

ダニコロリ公式ページはコチラ

ダニ百科-クラモチドラッグ-

ダニ退治X

チリダニによるハウスダストアレルギーの鼻炎に悩み、ツメダニにも襲われるようになりダニ退治に本格的に乗り出してはや数年。ダニをどうすれば退治できるのか、どんな対策が一番良いのか、私ならではの方法を紹介します!

-ダニについて, ダニ退治・駆除方法
-